健康診断について

Q.健診で血圧や血糖・コレステロール値の異常を指摘されました。

血圧・血糖値・コレステロール値の異常は、血管の老化を進め、将来、脳卒中/心筋梗塞などの命に係わる原因になるため、血管を若々しく保つように積極的にアプローチしていくことが重要です。

また、西洋医学では、根本治療することは難しく、薬の服用を持続していく必要があります。

服用する薬剤の種類が増えていけばいくほど、副作用の発現率も高くなるため、検査値の異常がみつかった場合は、すぐに根本的な改善をするための治療をする必要があります。

適切な治療法をみつけて、早めの対策を行いましょう。

まずは、初台クリニック神経内科へご相談ください。
ご要望・状態によって、漢方治療・栄養療法を紹介させていただきます。

Q.生活習慣病の種類はどのくらいありますか?

生活習慣病は、食生活、運動、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が発症や進行に深く関係していると思われる疾患群です。

主な病気として下記の病気があります。

・高血圧
・糖尿病
・高コレステロール血症
・高脂血症
・肥満症(メタボリックシンドローム) など

その他、食生活による心筋梗塞、歯周病、大腸がん、喫煙による慢性気管支炎、飲酒による肝硬変や脂肪肝などが、代表的な生活習慣病です。

Q.検査値の異常は、どの科がみてくれますか?

・内科全般
・循環器内科
・泌尿器内科
・神経内科  など
ただし、栄養療法では、栄養学の観点からよりデータを細かく分析し、生活習慣病予備軍の状態もチェックしていきます。

Q.生活習慣病でよく使用される治療薬は?

薬剤
・高血圧の場合: 降圧薬
・高血糖の場合: 血糖降下剤
・高コレステロールの場合: コレステロールをコントロールする薬  など

漢方治療
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・七物降下湯(しちもつこうかとう)
・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん
・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)  など

栄養療法
・DHA
・EPA など

初台クリニックの点滴・注射療法